岡山真備町 災害ボランティア(9月22日の活動)

岡山

9月22日の活動レポートです。

今回は家のリフォームを考えているお宅へ訪問させて頂き作業を行いました。

数日前から家の土壁を取り除く作業をしており、この日も土壁を取ったり床や壁を剥がしたりする作業を進めました。

現場のお宅に到着した時既に、家の外に多くの土嚢が積み上げられていました。土嚢には全て、家から取り除いた土壁などの土が入っています。

一棟を作業するだけでもこれだけ多くの土があることにとても驚きました。

これまでの活動の中で何度か経験してきた土壁の作業ですが、同じボランティア員の方から話を聞いて、改めてこの作業の大事さを学ぶようになりました。

お話によると、全体が水に浸かってしまった家は壁の中や床まで汚水で濡れてしまっているので、そのまま使っていると徐々に至る所からカビが発生してしまったり、悪臭が出てきてしまったりするそうです。

その為、再び住めるようにしていくには、家の中にある物を外に運び出していく作業の他にも、壁を剥がしたり、壁の内側にある土壁などを取り除いて消毒することが必要になってくるようです。

ボランティアの作業では分からないことがまだまだ沢山ありますが、毎回新たなことを学ばさせてもらっています。活動を通して一つでも知識を身につけていくことによって、これからの復興にもっと役立てていけたらと感じます。

関連記事一覧