千葉自然学校で災害ボランティア

被災地支援

12/19()に、千葉自然学校へ災害ボランティアとして行って来ました。 

社会福祉協議会の募集が無くなり落ち着いてきた感のある千葉ですが、まだ個別には募集している状態です。

現場に向かう中で段々雨が降ってきて中止になってしまうのではないかと思いましたが、屋外、屋内とそれぞれ作業できる事があるとの事でした

施設に着くと、建物は一部被害があるもののきちんと使える状態でした。

しかし周りの林は倒木だらけで、見るに痛々しい姿で、当時どれだけ風が強かったのかがひと目で分かる状態でした。

 

雨が降ったり止んだりの中でしたが、午前中はまず道端にまとめてあった木が見た目には良くないという事で、トラックに積み込み別の場所に運ぶチームと運ばれてきた木を崖に投げ捨てるチームとに別れて作業しました。

今日はある会社から一部署ボランティアへ派遣されて来た方々と個人的に来られた方と共に作業しました。

 

午後からは屋内作業として3チームに分かれて、それぞれ作業しました。 

私達は薪割りとその木を縛ってまとめる作業をしました。初めての作業でしたし、体験入学みたいで楽しく作業させて頂きました(^o^)

建物は問題なく使える状況なので、この日も多くの小学生が寝泊まりしながら元気に学んでいました!

その姿を見ながら、このように自然豊かな環境で子供達が学べる場所は非常に貴重で重要だ!と感じました。

だからこそ少しでも早く元の姿に復旧できるようにして差し上げたいな~~と思いました。

林の状態は酷く、倒木処理にはどれくらいの時間がかかるのか?全く分からない状況です。

時間も人の手もまだまだ必要なので、少しでも多くの方が参加してくれたら嬉しいです。

施設の方は、「自然の中での作業なので空気もいいし気持ちもいいので、癒やされついでにボランティアに来てくれたら助かる」とおっしゃっていました。

ボランティアを通して感じる事は【助け合い】の重要性でした! 

1人でも多くの人が困っている人に【愛の手】を自然に差し伸べ、互いに喜びの多い世の中になる事を願っています

投稿者プロフィール

CGMボランティア東京
CGMボランティア東京
東京でのボランティア活動をしています。
微力ではありますが、各分野のお力になれれば幸いです。
皆さんとの出会いを楽しみにしています^^

関連記事一覧