CGM大阪 施設ボランティア DVD制作第二弾

大阪

ハレルヤー!

前回 コロナ禍でなかなか施設ボランティアに行けないということで、みんなで歌を録音してDVDを制作したのですが、大好評でとても喜ばれたということを社協さんが教えて下さいました。

喜ばれたと聞くと、俄然 嬉しくなって また「喜んでいただきた〜い!」

すぐにDVD制作第二弾決定!

「今回は秋の敬老の日前後にお渡ししたいね!」っとすぐにみんなの気持ちが一つになりました。

早速 ラインでみんなの意見を聞いて歌う曲を決めました。

今 ラインのトークルームの立ち上げ日を見ると6月の始めでした。

そこから曲を決めて、各個人がそれぞれ歌ってるところをスマホのビデオで自撮り。

キーボード演奏動画と歌の動画と編集。

今回は、関東の方も賛同くださって弦楽器の演奏とビオリラ楽器の演奏も加わりました。

歌だけでなく、見てくださってる方々が体を動かして楽しんで頂けるために、手遊び歌も二曲プラスしました。

歌詞カードは毎回手を挙げてくださる方が率先して書いて下さいました。

DVDジャケットは絵が得意な方が率先して描いて下さいました。

「自ら率先して」→これ、ボランティアの精神ですよね。

早速、DVDジャケット、歌詞カードをつけてお渡しできるように準備しました。

近くの施設には手渡しで、中央区の社協さんにはまとめて送って社協さんを通して施設の方に渡してくださる形です。

みんなの真心と愛がいっぱい詰まったDVDです。

見てくださった方々が、一緒に口ずさんで体も動かして楽しんでくださったら嬉しいです。

弦楽器の演奏、ビオリラの演奏はとっても癒されます。

10月から緊急事態宣言も解除される方向なので、そろそろコロナ対策をきっちりして直接施設にボランティアに行ける日が来そうです。

前回のDVDのことも中央区社協さんが「ボランティア市民活動NEWS」に掲載してくださいました。

このブログを書く前にDVDを受け取られた施設の方がインスタにアップしてくださってました。

めちゃめちゃ早い反応、嬉しいです!

利用者さんの顔が浮かびます。

このような活動を通して足を止めることなく ボランティアできることに感謝です。

投稿者プロフィール

大阪
大阪
キリスト教福音宣教会 大阪のメンバーです。聖霊の感動を受けて御言葉を実践する牧師先生のように、「施設ボランティア活動」「清掃活動」をしています。
利用者さんを通して沢山の愛と癒しを私達も受けています。
「喜びと感謝」私達の合言葉です!

大阪

キリスト教福音宣教会 大阪のメンバーです。聖霊の感動を受けて御言葉を実践する牧師先生のように、「施設ボランティア活動」「清掃活動」をしています。 利用者さん...

プロフィール

ピックアップ記事

関連記事一覧