2020年7月九州豪雨災害支援

被災地支援

7月8日福岡市が災害支援物資の受付を開始したので、7月12日休日を利用して物資を福岡市役所へわずかではありますが、お届けしました。

予想以上に反響があり、多くの方が支援してくださっていると受付の方が話されていました。

その後、CGMボランティア岡山のスタッフの方のご友人つてで福岡から実家のある八代市坂本へ物資を届けに行かれるとのことで、福岡からも支援させていただきました!

被害範囲が広いため、ボランティアや物資もまだ必要だそうです。水も十部に飲める状態ではないし、復興までどれくらいかかるのだろう・・本当にひどい状態ですと話されていました。

教会の方からの支援品と、追加で希望のあった軍手、飴玉、水分などを追加して届けました。

支援するための運搬をされてる方とお話ししながら、自分たちができることを一生懸命されているその姿にこちらが励まされました!

大雨はこれからも続きそうなので、日本各地の災害がこれ以上広がらないようの祈るばかりです!

 

投稿者プロフィール

Fukuoka
Fukuoka
福岡

CGM(キリスト教福音宣教会)ボランティア福岡として活動しているメンバーです。
「今その行いが明日を作り、未来をつくる」というメッセージを胸に、
今自分たちができる感謝を形にできるボランティアを目指しています

関連記事一覧