大阪 2020年7月23日 海の日ゴミ拾い

大阪

7月23日は海の日ということで、海をきれいにしよう!をテーマにゴミ拾いをしました。

コロナ感染拡大防止のため、始めと終わりはオンラインでつないで挨拶をし、活動は各自の位置で行いました。
オンラインでつなぐのは初めての試みでしたが、離れていても一緒に活動している仲間がいると感じてうれしく楽しい気持ちになりました^^

お天気も、暑さも雨も心配でしたが、暑すぎず曇り空で、ときどき小雨が気持ちいいくらいのちょうどいいお天気になり、すごく活動しやすくて、感謝でした。

街中の道路に落ちているビニル袋やプラスティック破片が、風に飛ばされたり、雨で道路脇の溝や排水溝に落ちて海へ流れ出ていくため、海洋汚染につながります。そして、そのゴミをウミガメやクジラが飲み込んだりすることもあり、海の生物や環境に多大な影響を与えています。

河川敷の水際にもたくさんゴミが落ちていて、危ないところにあって回収できないゴミもあったのですが、これが海へ流れていってしまうのか、と思うと心が痛かったです。

河川敷では、最近は暑くなってきたためか、ペットボトルと花火遊びの残骸がほとんど。

街中では、毎回多いのがたばこの吸い殻、その他にお菓子のパッケージやパンの袋などが多くありました。

今日はオンラインで実施したことで、大阪府内各地や滋賀県など広範囲にわたり、広い範囲で活動することができました!

今は集まるのは難しくても、大切な地球を守るために、今できることを少しずつでもやっていけたらと思います!

投稿者プロフィール

大阪
大阪
キリスト教福音宣教会 大阪のメンバーです。聖霊の感動を受けて御言葉を実践する牧師先生のように、「施設ボランティア活動」「清掃活動」をしています。
利用者さんを通して沢山の愛と癒しを私達も受けています。
「喜びと感謝」私達の合言葉です!

大阪

キリスト教福音宣教会 大阪のメンバーです。聖霊の感動を受けて御言葉を実践する牧師先生のように、「施設ボランティア活動」「清掃活動」をしています。 利用者さん...

プロフィール

関連記事一覧