8月 市のパープルリボン作成活動に参加

神戸

今月は、市の広報に掲載されていた、パープルリボン作成活動に参加しました!!

これは、1994年にアメリカで始まった、DVなどの個人間の暴力や虐待の防止と啓発を目的とした運動です。

紫色のリボンで、関心を持たせることと、暴力のもとに身を置いている人々に勇気を与えようという運動で、40か国に広がっているそうです。

神戸市でも、DV防止に力を入れているそうで、11月にキャンペーンがあるようです。

では、どのようにして作成するかというと、、、

リボンを輪っかにし、安全ピンを縫い付けるという作業です。

3人で流れ作業でしていきました。

リボンを輪っかにする人、玉結びを作る人、最後、玉止めをする人。

最初は、引っかかったりして、手間取りましたが、

最後にはだいぶ慣れてきました。

そして、、、

150個作成できました!!

この活動で、暴力を受けている女性の方々が勇気を出して相談し、問題が解かれるようにお祈りします!!

私達の教会では、女性の牧師さん達がとても多いです。

男女平等が世の中でだいぶ広まってきたこんにちですが、教会の中でも、男性の牧師が多いそうです。

しかし、牧師先生が、女性にも同じように、牧師を任せて下さっているのは、一人一人を愛する神様の愛だなと感じます。

今月も社会のために活動できたことに感謝します☆

関連記事一覧